【こんなゲームがやりたい!】
 第5回 アキの肉ゲー

アキの肉ゲー

 アキの肉ゲー。これだけで、どんなゲームか分かる人は少ないだろう。
アキというのはゲーム開発会社の名前だ。しかしこれは、旧社名。現在の社名はシンソフィア。
肉ゲーというのは、キン肉マンのゲームという意味。

 『キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS』をやっていて思った。
あぁ…現代のハードでキン肉マンのゲームがやりたい…と。

 「アキの肉ゲー」にも、タッグマッチのジェネレーションズ系とシングルマッチのマッスルグランプリ系の2種類がある。
どっちかと言えば、自分がやりたいのはジェネレーションズ系。
見た目の派手さもあるしタッグの方が映える。最大4人でできるのも大きいし、原作にはなかったタッグを組めるという夢もある。
ソフト発売後に、「究極の超人タッグ編」が原作で描かれ、世界五大厄のライトニング、サンダー等の新キャラや、マンモスマンとネプチューンマン、ウォーズマンの新コンビが登場した。
システムは、もうジェネレーションズまんまでもいいので、これに究極の超人タッグ編を追加したやつ出ないかなー。
そしたら、マンモスマンとバッファローマンのコンビでやるんだー。

 さも、ジェネレーションズをプレイしたかのように言っているがプレイ経験はない(^^;
GC版はキャラが少ないし、PS2版はキン肉マンの声優が神谷さんじゃない。当時としては、完全版的なPSP版は本体持ってなくてできないという…。

 ただ、問題となるのはシンソフィアが女の子向けゲームへ路線転換してしまって、最近はほとんどプロレスゲームを出していないことだ。当時のスタッフが、残っているかどうかも怪しい。
なんか、HPもすごいピンクだし、この中にキン肉マンが加わる絵が想像できない…。
また、キャプ翼と違ってワールドワイドで人気があるコンテンツでもないのが厳しいところ。
肉ゲーと言えばアキ。そう言うには、もう時間が経ちすぎてしまったのかもしれない…

2020/09/20

ページTOPへ戻る