KFO : Twitter

Slay the Spire
野球的ゲーム感想・評価

ソフト情報

ハードNintendo Switch
発売Humble Games:DL
フライハイワークス:パケ
開発MegaCrit
発売日2019年6月6日
CEROA
DL容量541MB以上
セーブ数3
価格パッケージ:3600円+税
DL版:2336円+税
他機種PS4
XB1
Steam
iOS

主な開発者

Development & Design
Anthony Giovannetti
Casey Yano
Operations & Metrics
Danielle Jenkins
Jake Rabinowitz
Music & Sounds
Clark Aboud

野球的スコア

123456789R
nega0021000205
posi12003020×8
試合時間:34時間57分

1回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:0 vs posi:1
文字拡大機能

 このゲームには、文字を拡大するオプションが用意されている。私のようなおっさんには嬉しい機能だ。
まぁ、その場その場での切り替えができなかったり、レイアウトが少し乱れるなどあるが、ないよりは絶対にいい。プレイヤーに選択権があるべき。

野球的スコアへ戻る

2回裏:ポジティブの攻撃:得点2
nega:0 vs posi:3
考えを改める

 自分は、アナログもデジタルもカードゲームはやったことがない。強いて言えば、トランプぐらいのもんで…。
デジタルのカードゲームには、特に否定的だった。テレビゲームで、わざわざカードゲームをやらなくても…っていう。
しかし、実質ほぼカードゲーム(公式ではそうは言ってない)のリトルタウンヒーローをやってみて、カードゲームもいいかも…と思い始めた。

 そして、実際やってみて考えを改める。
カードを配るなどの手間もないし、何より相手がいなくてもできるし、戦略を練るのが楽しい。
知恵を振り絞るのが好きなので、自分にはむしろ向いているジャンルだと思った。

野球的スコアへ戻る

3回表:ネガティブの攻撃:得点2
nega:2 vs posi:3
デザイン面

 カードやキャラクターなどのデザインは、もうちょっと頑張って欲しかった…というのが率直な感想。
見た目の地味さで、損していると思う。

野球的スコアへ戻る

4回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:3 vs posi:3
戸惑い

 このゲームは、ランダムに生成されるマップを進み塔の頂上を目指す。全3章で構成され、それぞれラストにはボスが待ち構えている。
マップには複数ルートがあり、マップ上のマスには、敵、強めの敵、ショップ、「?」、宝箱、休息所が存在。
初期カードは、基本的な攻撃、防御などしかない。カードを増やすには、敵を倒したときにランダムに出現するカード3枚の中から1枚を選んだり、ショップで購入したり、稀にイベントでもらったりしてデッキを充実させていく。
カードは、休息所等で1度だけ強化可能。廃棄は、ショップ等でしかできない。
また、他にポーション(使用アイテム)や、レリックという主に常時効果を発揮するアイテムが存在する。

 戦略を決めて望むよりも、柔軟な対応力が試される、そんな感じのゲーム。
自分の場合、ゲームをしていない間に戦略を練り、プレイして実行するというプレイスタイルなので、最初戸惑うことが多かった。

野球的スコアへ戻る

5回裏:ポジティブの攻撃:得点3
nega:3 vs posi:6
運命に立ち向かう

 このゲームは、毎回違う展開になる。どのルートを進むのか、どのカードを選ぶのか。自分の望んでいるカードやレリックが来るとは限らず、その時の与えられた運命の中で最良の選択を考えていく。リターンの裏には、リスクがあったり。経験が力にもなり、足かせになる時もある。
限られた条件の中で、運命に立ち向かう面白さ。まるで、人生のようなゲームだ。

野球的スコアへ戻る

7回裏:ポジティブの攻撃:得点2
nega:3 vs posi:8
奥が深い

 いらないなぁ…と思ってたカードが、他のカードとの組み合わせで有効なカードに変わることを思いつく。あるいは、レリックとの組み合わせ次第でも、また変わってくる。このゲーム、ハズレカードがないのでは…とさえ思ってしまう。
それだけ戦略の取り方の幅が広く、奥が深い。

 しかも、それが4キャラクターそれぞれで戦略の取り方が全く違うときてる。

野球的スコアへ戻る

8回表:ネガティブの攻撃:得点2
nega:5 vs posi:8
ちょっと長いかな

 自分のペースで、通常ボス撃破まで1時間半ぐらい。 真ボスは、初期の3キャラ全員をクリアしないとたどり着けない。
1日、1~3時間ぐらいしかゲームをやらず、ひとつのゲームをやり込むより幅広く色んなゲームをやりたい自分には、ちょっとしんどい長さとボリューム感。
また、視覚的にもほぼ同じ画面が続くので、飽きっぽい性格の自分には辛かった。

野球的スコアへ戻る

ページTOPへ戻る

評価スコア

80.0

※ 平均点は、★5です。

ゲームシステム
★★★★★★★★☆☆
練り込み・奥深さ
★★★★★★★★★★
オリジナリティ(新規要素)
★★★★★★★☆☆☆
デザイン・キャラクター・世界観
★★★★★☆☆☆☆☆
音楽・サウンド
★★★★★★☆☆☆☆
ゲームバランス
★★★★★★★★★☆
中毒性・熱中度
★★★★★★★★★★
継続性(飽きにくさ)・全体の構成
★★★★★★★★☆☆
操作性・快適さ
★★★★★★★★★☆
自由度・多様性
★★★★★★★★★☆

ページTOPへ戻る