ワーキング ゾンビーズ
野球的ゲーム感想・評価

ソフト情報

ハードNintendo Switch
発売/開発ジュピター
発売日2020年6月18日
CEROA
DL容量407MB以上
セーブ数1
価格1800円+税
他機種-
リンク公式サイト

主な開発者

ディレクター
松井智弘
ゲームデザイナー
小南純
大石浩史
リードアーティスト
中島佳美
リードプログラマー
坪井彬

野球的スコア

123456789R
nega2010010004
posi11020010×5
試合時間:7時間45分

1回表:ネガティブの攻撃:得点2
nega:2 vs posi:0
まぁ、これはあれですね

 オーバークックですよね…。
買う前から薄々感ずいていたし、オーバークックやったことないけど、きっとそうだ。。。
ジュピターさんのピクロス以外の自社パブリッシングタイトルということで購入したが、もう少しオリジナリティは欲しかったかな。

1回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:2 vs posi:1
日本らしい

 ゾンビってだけで嫌われるゾンビ達が、人間に認めてもらうため仕事に励むという設定。
日本らしい発想だと思う。ゾンビと言えば、撃ち殺すことしか考えん欧米人とは違う。自分は好きだよ。
それにしても、ゾンビに石投げたり、閉じ込めたり、ほんの少し待たせただけでぶちギレる。
人間って、最低だな!

野球的スコアへ戻る

2回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:2 vs posi:2
異物が混じっている

 キャビンアテンダント、保育士、美容師、配管工の順番でプレイ。
配管工だけ、ゲーム性が他3つと全く違う。これだけが、急にパズル。
異物感がすごいけど、他3つが似ているからいいアクセントになっている。
飽きてきたから、配管工やるか…みたいな。

野球的スコアへ戻る

3回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:3 vs posi:2
1人だとややさみしい…

 このジャンルは、やっぱりみんなでワイワイ系かな…というのはプレイしていて感じる…。
難易度も、複数前提じゃないの? っていうぐらい鬼難易度。
リザルトで星1~3で評価されるんだけど、星1クリアでも精一杯。1人で星3とか無理でしょ…。

野球的スコアへ戻る

4回裏:ポジティブの攻撃:得点2
nega:3 vs posi:4
効率化アクション

 プレイしていると、徐々に「あっ、これはこうしたらいいかも…」と思いつく。
これは作り置きありなのか、ここ置けるんだ等々…。
徐々に作業を効率化して、その手応えをきちんと感じられてクリアまでたどりつくという流れがいい。

野球的スコアへ戻る

6回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:4 vs posi:4
拘束時間

 オーバークック系3種の中では、キャビンアテンダントが1番面白いかな。
保育士、美容師は、「おむつを替える」や、「髪を切る」といったプレイヤーがその場に留まらなければいけない拘束時間が存在する。
マルチだと問題ではないのかもしれないけど、1人だとこの拘束時間が変な間になってしまうのでちょっとストレス。
それに対して、キャビンアテンダントは常に動き回れるし両手に物を持てるので業務効率化アクションとして純粋に楽しめる。

野球的スコアへ戻る

7回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:4 vs posi:5
骨太パズル

 唯一パズってる配管工は、見た目とは裏腹に骨太な出来。
「曲がるやつ足りない!」「三方向何でもう一個ないの!?」「直線少なっ!」とか言いながらプレイしつつクリアまでたどり着くのが楽しい。

野球的スコアへ戻る

ページTOPへ戻る

Nintendo Switchで購入

評価スコア

65.6

※ 平均点は、★5です。

ゲーム性・システム
★★★★★★★☆☆☆
オリジナリティ(新規要素)
★★★★☆☆☆☆☆☆
デザイン・キャラクター・世界観
★★★★★★★☆☆☆
音楽・サウンド
★★★★★★★☆☆☆
ゲームバランス
★★★★★★★☆☆☆
中毒性・熱中度
★★★★★★★★☆☆
継続性(飽きにくさ)・全体の構成
★★★★★★☆☆☆☆
操作性・快適さ
★★★★★★★☆☆☆
自由度・多様性
★★★★★☆☆☆☆☆

ページTOPへ戻る