『ちびロボ!』開発元、スキップが閉鎖か

真偽は不明だが…

 一昨日ぐらいか、海外メディアを中心に『ちびロボ!』開発元のスキップが閉鎖したのではないかと報道された。
公式サイトはForbidden、twitterは生きているものの、facebookは閉鎖。Google Mapのストリートビューでは、スキップが入るビルの看板から名前が消えている等々。
少し前にも、スキップはもうゲームを開発できる体制にないのでは…というような報道も確かあったし、アルファドリームの時と違いついに来たか…というのが自分の印象だ。

 スキップは、『moon』を開発したラブデリックの西健一氏、鈴木浩司氏を中心に設立された。代表作は『ちびロボ!』シリーズ、『ギフトピア』『bit Generations』『キャプテン★レインボー』。
2006年に西氏が退社。ちびロボ!3作品に携わった森山尋氏なども退社していた。

 自分は、ラブデリック系作品やったことないんだけれども、開発者インタビューとかは好きでよく見ている。そういうの見て感じるのは、元ラブデリックの方達って○○会社の○○さんみたいな枠にとらわれる人達じゃないんだと思う(笑)
枠にはまらない、そこがきっと魅力なんじゃないかなぁ。
言うなれば、元ラブデリックのスタッフは今でもラブデリックなんだよ。
今は、割と自由にゲームを作れる環境にあるし、今後も枠にはまらないゲームを個々に開発してもらいたい。

2020/08/07

ページTOPへ戻る