ホリパッド for Nintendo Switch 購入レポート

仕様

 Joy-Conのスティックを触っていないのに勝手に動き出す故障(しかも両方)に悩み、本製品を購入した。
またしても、HORI(笑)もう完全にHORIの回し者と化しているぜ…(^^;

 このコントローラーは、ワイヤレスなし、ジャイロなし、HD振動なし、NFCなし、モーションIRカメラなし。 恐ろしいまでのないないづくし!(笑)
本当にコントローラーとしての基本中の基本の機能しかない。ただ、もちろんその分お値段はお安い。
ちなみに、お値段は高くなるがワイヤレスとジャイロ装備の「ワイヤレスホリパッド for Nintendo Switch」という商品も発売している。

感想

 3ヶ月使ってみた感想としては、ちょっとサイズ感は大きめかなぁ。自分の手があまり大きくないのもあるが。そのせいもあってか、スティックの位置が少し高く感じる。
Proコンで、スティックから粉が出るみたいな話があるけど、このコントローラーも粉は出る。スティックの軸と外周の部分がこすれて削れたものだと思う。
ただ、PS2やWii UのProコンもスティックの軸に削れたあとはあるので、本当にその粉が原因なんだろうかというのは疑問に感じるところだ。粉が出る出ないより、構造上の問題なのではないだろうか…。
一応、3ヶ月使ってみたが今のところスティックの故障はない。まぁ、Joy-Conも購入して1年過ぎたあたりで故障したので、まだ何とも言えないものはあるが。

後日追記(2020/8/11):
 さらに、6ヶ月経過した今もとりあえず故障はしていない。
ただ、2,3度勝手に動く現象が見られたが電源入れ直したら元に戻った。スティックを動かした状態で、電源を入れてしまった可能性も否定できず、断続的に起こるわけでもないので故障とは断定できない。
あとは、パワプロのような微妙な操作が要求されるゲームには、ちょっと向かないかなぁ…とは思った。スティックの位置が高いから固定しにくいのと、感触がふにゃふにゃ系なのでブレる。
やっぱり、未だにパワプロの操作で至高なのはN64だなぁ。なぜ、それを作ったメーカーのJoy-Conが、あーなんだ…。

後日追記(2020/8/16):
 パワプロをやっているときに、左打者のインコースにスティックで移動すると反対側に勝手に移動してしまう。インハイに移動すると、真ん中高めにスススッと寄っていってしまうのだ。
自分だけかと思っていたので前回は書かなかったが、どうやらそうでもないらしい。
故障じゃない説もあり、微妙な操作はこのコントローラでは難しいと思われる。

独自機能

 このコントローラー独自のものとしては、十字ボタンが取り外し可能でボタン操作もできるという点がある。使ってみた感じ、これいるかなぁ…というのが正直な感想。
というのも、十字ボタンを取り外すと、それよりも低い位置にボタンがあるので、前述のスティックとの段差が激しく両方使うようなゲームでは使いにくい。。。十字ボタンとしての操作感もよろしくないし、これだったら十字ボタンオンリーの方がよかったのでは。

 もうひとつ、ホリパッドと言えば…の連射機能。 比較的簡単に登録可能で、オート連射ができる。シューティングゲームで試してみたんだけど、どうなんだろう、これ。なんか、自分で押さないとリズムが掴めないというか…。慣れてきたら便利なのかもしれないけど、ここは人それぞれかな。

その他と総評

 ちなみに、このコントローラーはレトロフリークでも使用可能だ(設定は必要)。
ただ、ここで再び痛くなってくるのが十字ボタンの使い心地の悪さなわけで…。アクションとかシューティングゲームでは、正直しんどい。

 全体としては、コストパフォーマンスを考えたら及第点。有線なんだから、HD振動ぐらいはつけて欲しかったけれども…。とにかく、普通に操作できさえすればいいという方にオススメ。
なかなか、しっくりくるコントローラーには出会えんな…。

2020/01/28

ページTOPへ戻る