【なぜだ! 海外で発売されたのに日本で発売されなかったゲーム】
 第3回 ゲームボーイギャラリー4(ゲームボーイアドバンス)

ゲームボーイギャラリー4とは

 『ゲームボーイギャラリー4』は、ゲーム&ウオッチのゲームを当時そのままで遊べるモードとリメイクしたモードで遊べるゲームボーイギャラリーシリーズの4作目となる予定だった作品。

 『ゲームボーイギャラリー3』までの過去3作は、ゲームボーイで発売されている。シリーズ初のゲームボーイアドバンスソフトになるはずだった。
 2019年現在、シリーズ最終作となっている。

なぜ、発売されなかったのか

 日本で発売されなかった理由は、前回の『ファミコンウォーズDS 失われた光』同様全くもって不明である。
海外で、発売されたのは2002年。実質後継ハードのニンテンドーーDSが、発売されたのが2004年なのでハード移行期説も関係ない。また、初期のDSはゲームボーイアドバンスと互換性があったためDS発売後でも問題はなかったはずだ。

 このシリーズは、隠しゲームが豊富で遊べば遊ぶほど解放されていく。
それは、『ゲームボーイギャラリー4』も同様で非常に多くのゲームが隠されているようだ。
その中でも、特筆すべきなのは「ゼルダ」で、こちらのゲーム&ウオッチ版も海外でのみ発売され日本では発売されていない。

その後

 誰もが、その存在を忘れ始めた2016年、その時は突然やってきた。
Wii Uのバーチャルコンソールで配信が開始されたのだ!
もちろん、今現在も普通に購入することができる。
ゲーム&ウオッチ版ゼルダもプレイできるこのソフトをやらない手はない。軽んじられたWii Uユーザーだけの特権だ!

 もちろん、私も購入した。例によって、まだ起動すらしていない…。

2019/01/14

ページTOPへ戻る