【発売されなかった幻のゲーム】
 第2回 バテンカイトス3(ニンテンドーDS)

バテンカイトス3とは

 バテンカイトスは、第1作『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』がゲームキューブ用ソフトとしてナムコから発売。2作目『バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子』は、同じくゲームキューブで任天堂より発売された。
 『3』は、その続編ということになる。

 開発は、2作ともモノリスソフト、トライクレッシェンドの共作。

なぜお蔵入りに

 この作品は、噂としては何度か出たものの正式に発表されたわけではない。
一時は、3DSで新作が出るというフェイク画像が流れたこともあったっけ。

 このシリーズのアートディレクターである本根康之氏が、『3』についてtwitterで触れていてタイムリーだったので今回取り上げてみた。
本根氏のtwitterは以下の通り。

 

 ゲーム業界のプリプロがどの程度を指すのかはよくわからない。
本格的な開発は、まだ始まっていなかったというところだろうか。

どんなソフトだったのか

 バテンカイトスのゲームジャンルはRPG。コマンド選択式ではなく、カードを使ったバトルだったようだ。
カードを使ったバトルなんて、DSとは相性が良さそうだったのに惜しい…。

 本根さんによれば、海底、陸、空を舞台に壮大な内容だったんだとか。モノリスソフトのゲームって、スケールが大きいものが多くて好きなんだよなぁ。この作品も、スケールが大きそうでプレイしてみたかった。  

2018/09/25

ページTOPへ戻る