【お金じゃ買えない!? レアソフト】
 第4回 トレジャー・コンフリクス(スーパーファミコン・サテラビュー)

トレジャー・コンフリクスとは

 第2回、第3回に続いて、スーパーファミコンのサテラビューで配信されたスクウェアのソフトをご紹介。

 ここまできたら、せっかくなので全作紹介していこう。

どんなゲーム?

 ゲームのジャンルは、シューティング要素のあるRPGだとか。
これまた、スクウェアらしからぬジャンル。スクウェアのサテラビュー配信ソフトは、そういう実験的な作品を配信していくプロジェクトだったらしい。

 トレジャーハンターとして、お宝を発掘しそれを売ったお金を元手にして飛空艇を改造していくという流れのゲームのようだ。
シューティングは、FFⅥの飛空艇のシーンをそのままシューティングにしたような感じ。

 メイングラフィックは、現モノリスソフトの本根康之氏、ヴィジュアルデザインは、フロントミッション後期のキャラクターデザインやPS2サガのアートディレクター、直良有祐氏が務めている。
このソフト、グラフィックが渋いんだよなぁ。

入手できる?

 このソフトもまた、受信用ソフトBS-Xにこのソフトがダウンロードされた8Mメモリパックが必要。オークション、フリマアプリで手に入れる以外方法はない。
こちらも、入手は困難を極めるだろう。

2018/11/16

ページTOPへ戻る