【お金じゃ買えない!? レアソフト】
 第6回 マリオアーティストシリーズ(64DD)

マリオアーティストシリーズとは

 マリオアーティストシリーズとは、64DDで発売された一連のシリーズ作品である。
『ペイントスタジオ』『タレントスタジオ』『ポリゴンスタジオ』『コミュニケーションキット』の4作品が発売(?)された。

 64DD構想の中核を担うソフト群と言っても過言ではない。

どんなゲーム?

 『ペイントスタジオ』は、言うなればお絵かきツール的なもの。『マリオペイント』の続編と言ってもいいかもしれない。

 『タレントスタジオ』は、CGで人物・キャラクターを作成できるソフト。顔や体のパーツを選び、変形していくことで作成していく。服なども、用意されていたようだ。今で例えれば、Miiをもっと色々できるようにした感じか。

 『ポリゴンスタジオは、CG作成ソフト。こちらは、キャラクターではなくもっと自由にCG作品を作ることができた。作ったCGで、ミニゲームを遊ぶこともできた模様。

 『コミュニケーションキット』は、その名の通り他のユーザーとコミュニケーションをとるためのツールと言った方がよい。マリオアーティストシリーズで、他のユーザーの作品をネット経由でダウンロードすることができる。

 この一連のシリーズは、これそのもので遊ぶと言うよりも、作った作品を他のソフトにも使って遊ぶというのが本来提唱されていたものだった。
しかし、ソフト開発の遅延、販売方式の迷走などで64DDの普及が進まず対応ソフトも出なかったことから、このソフト群が持つ本来の魅力を発揮することはできなかった。

入手できる?

 このシリーズを遊ぶには、そもそも64DD本体が必要でそれプラスソフトを入手しなければプレイすることができない。また、入手できてもネット接続することは不可能だ。
オークション、フリマアプリでたまに出品されているが、その希少性からか高額で売買されている。
個人的には、正直そこまで出してプレイする価値があるとは思えないが…。

2019/03/19

ページTOPへ戻る