ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション
野球的ゲーム感想・評価

ソフト情報

ハードNintendo Switch
発売任天堂
開発モノリスソフト
発売日2020年5月29日
CEROC
DL容量13.7GB以上
セーブ数3
価格5980円+税
他機種Wii(オリジナル)
New3DS(オリジナル移植)
リンク公式サイト

試合前情報

 オリジナル、『ゼノブレイドクロス』『ゼノブレイド2(以下『2』)』すべてクリア済み。

野球的スコア

123456789R
nega101002
posi101046

1回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:1 vs posi:0
UI面の不満点

 敵のアイコンだったり、スキルツリーなんかはサイズ感がオリジナルの方が大きめだったと思うので見やすかったかなぁ。

 『2』の話しかけていない人にマークがついている機能は実装して欲しかった。
このシリーズ、街の人が移動しているから誰に話聞いたかわからなくなってくるので、これあると便利。
まぁ、リメイクじゃないから高望みかもしれないけど。

1回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:1 vs posi:1
UI面の評価点

 装備画面に入りやすくなったり、マップがワンボタンで呼び出せたり、バックスラッシュなどの位置取りや効果の出るアーツに「!」マークが表示されているなど、オリジナル版から遊びやすくなった点も多々ある。

 さらには、クエストの対象も表示されるようになる親切設計。
ただ、これに関しては表示すると作業感が出るので賛否あるところかも。まぁ、オプションで非表示にもできるので全く問題はない。

野球的スコアへ戻る

3回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:2 vs posi:1
やればやるほど感じるのは…

 もちろん、グラフィックは向上している。ただ、それは時代が進みハード性能が上がれば当たり前の話。
やればやるほど感じるのは、オリジナルであるWii版の凄味。あのスペックであれだけやっていたという素晴らしさを改めて感じてしまう。

 ディクソンとか、オダマさん、メリアちゃんのパパなんかは、むしろオリジナルの方がよかった?って思うほど。

3回裏:ポジティブの攻撃:得点1
nega:2 vs posi:2
変化に感動した面もある

 あんまり、グラフィックの進化に興味がない私だが、それでも「おぉっ!」と変化に感動したものもある。
それは、「燐光の地ザトール」の夜。一応オリジナル版も確認したが、ここは幻想感がかなり増した。巨神脚やマクナ原生林とかフサフサしているんだけど、それよりもザトールやエルト海なんかの光の表現の方が際立っているように思う。
ザトールは、オリジナルではあんまり思い入れなかったんだけど、今回一気に好きな場所になった。

野球的スコアへ戻る

5回裏:ポジティブの攻撃:得点4
nega:2 vs posi:6
オリジナルの素晴らしさは変わらない

 圧倒的なスケール、マップデザインの素晴らしさ、未来視システムの面白さ、至高の音楽、オリジナルで良かった点はもちろん変わらない。

 今回は、オリジナルと合わせての実質2周目なのでコンプリート目指してプレイしているが、クエストやりまくると難易度的にはヌルいかな。このゲームを楽しむには、メインストーリーを進めつつクエストも多少こなすぐらいが一番楽しめるバランスだと思う。

野球的スコアへ戻る

ページTOPへ戻る