KFO : Twitter

ゼノブレイド
野球的ゲーム感想・評価

ソフト情報

ハードWii
発売任天堂
開発モノリスソフト
発売日2010年6月10日
CEROB
セーブ数3
価格Wii:6476円+税
Wii DL版:2500円+税
他機種Switch(決定版)
3DS(New専用)
リンク公式サイト

主な開発者

Producers
川畑真吾(モノリスソフト)
中野隆生(任天堂)
Exctive Director / Scenario
/ Concept
高橋哲哉(モノリスソフト)
Director / Game Design
小島幸(モノリスソフト)
Director
横田弦紀(任天堂)
Scenario
竹田裕一郎
服部由里絵(任天堂)
Image Art
田中久仁彦
Music
下村陽子
ACE+
 工藤ともり
 CHiCO
 平松建治
清田愛未
光田康典(プロキオン・スタジオ)
Conceptual Art Design
本根康之(モノリスソフト)
Tonny Waiman Koo(モノリスソフト)
Lead Programming
板井克倫(モノリスソフト)
Art Direction
高見典宏(モノリスソフト)

試合前情報

 ゼノシリーズは、『ゼノブレイドクロス』から始める。今作は、Wii UでWii DL版をプレー。

スコア

123456789R
nega0001000102
posi94453324×34
試合時間:128時間26分

1回裏:ポジティブの攻撃:得点9
nega:0 vs posi:9
マップの素晴らしさ

 巨神と機神の骸の上に、街やフィールドが存在しているという設定はロマンの塊。
とにかくマップのセンスがずば抜けている。立体的に構築された世界は、新しい場所に行くたびにみとれてしばし眺めてしまうほどだ。「膝頭の丘」の向かい側にたたずむ機神の骸、「ラグリナ渓谷道」を抜けていくと徐々に姿を現す「ガウル平原」。どれをとっても素晴らしく、序盤から世界観に魅了されまくりだ。

野球的スコアへ戻る

2回裏:ポジティブの攻撃:得点4
nega:0 vs posi:13
未来視

 主人公は、ゲーム開始から少しすると「未来視」という未来が見える能力を使えるようになる。
こういうのって、都合よくメインストーリーの時だけ使えたりするご都合主義的なものになりがちだったりするのだが、今作では、メインストーリーはもちろんのこと、バトル時やサブクエスト、さらにはフィールドに落ちているアイテムを拾ったときなどあらゆる場面でこの能力が発揮。システムが、すべてに絡む非常に面白いものになっている。

野球的スコアへ戻る

3回裏:ポジティブの攻撃:得点4
nega:0 vs posi:17
サブクエストに制約がない

 サブクエストに、受注できる数の制限や何かをやると受注できないなどの制約が一切ない。これ、地味に大きい要素だと思う。制約による手間とか、累積していくと結構馬鹿にならない労力を消費していたりするので、そういったものがないとゲームプレイに集中できる。
名無しキャラのクエストとかだと、達成した瞬間に報酬が発生して報告する必要がないのもいい。

野球的スコアへ戻る

4回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:1 vs posi:17
一部処理落ち

 デカいボスや敵集団とのバトルでは、やや処理落ちが目立つのが気になる。
 特に「突発キズナ」という戦闘中にタイミングよくボタンを押すものがあるのだが、これのタイミングが合わせづらい。

4回裏:ポジティブの攻撃:得点5
nega:1 vs posi:22
名曲揃い

 とにかく、音楽が素晴らしく名曲ばかり。私は、『ゼノブレイドクロス』の曲もすごく好きだったが、これはこれですごい。自分が今までプレイしたゲームの中でも屈指の出来。

野球的スコアへ戻る

5回裏:ポジティブの攻撃:得点3
nega:1 vs posi:25
バトルシステム

 バトルシステムが、奥が深く面白い。ボス戦で、全然歯が立たず「積んだ?」と思っても、装備を替えたり装備に付加価値を与えるジェムの付け替え、アーツやスキルリンクの見直しなどを行うとちゃんと突破できるようになっている。従来のRPGのようにレベル上げみたいな作業ではなく、プレイヤーの創意工夫でクリアできるようになっているのは素晴らしい。これが、「ゲーム」だよなぁと思う。
しかも、難易度的にも絶妙でまるで任天堂製のアクションゲームをプレイしているかのよう。

野球的スコアへ戻る

6回裏:ポジティブの攻撃:得点3
nega:1 vs posi:28
敵も相手を見る時代

 プレイヤー側よりも、敵のレベルが低い場合(どの程度かは不明)敵が攻撃してこない。弱すぎる敵との戦闘は、はっきり言って時間の無駄以外の何物でもなく、これがないことでサブクエストが億劫ではなくなっている。ありそうでない仕様で画期的、すごい英断だと思った。

野球的スコアへ戻る

7回裏:ポジティブの攻撃:得点2
nega:1 vs posi:30
サブクエストの底なし沼にハマる

 メインストーリーも、(たぶん)終盤にさしかかりサブクエストもそこそここなしたので、そろそろエンディングへ向かって駆け抜けようとした矢先のこと。たまたまこなしていたサブクエストで、ある主人公キャラのスキルが解放された。
え!? そこサブクエストで増えんの!? という衝撃。そんなに重視していなかったサブクエストだったが、これで俄然やる気が出てきてしまう。
かくして、私はサブクエストの底なし沼へとハマっていくのであった。。。

野球的スコアへ戻る

8回表:ネガティブの攻撃:得点1
nega:2 vs posi:30
強いて言うと…

 アイテム類の保存数をもうちょっと増やして欲しかった。特に素材。
新しい素材手に入れたけど、枠がいっぱいだから適当に捨てて、その後捨てたアイテム集めてって言われ「それ、いま捨てたばっかー!(T▽T)」ってなる。

8回裏:ポジティブの攻撃:得点4
nega:2 vs posi:34
RPG史上最高傑作

 ストーリーも、しっかり完結(当たり前だけど、最近これが出来ていない作品も多い)。シュルク以外のキャラが、しっかり描かれているのもよかった。すべてが、バランスよく調和した至高の作品。RPG史上最高傑作と言っても過言ではない。

野球的スコアへ戻る

ページTOPへ戻る

Wii版

Wii U・Wiiダウンロード版

Newニンテンドー3DS版

New専用。通常の3DSでは遊べません。オリジナル版に比べ、解像度は落ちますが立体視にも対応。「コレクションモード」を追加。シュルクのamiiboにも対応。

Nintendo Switch版

リマスター+追加ストーリー「つながる未来」収録の決定版。

評価スコア

99.1

※ 平均点は、★5です。

ゲームシステム
★★★★★★★★★★
練り込み・奥深さ
★★★★★★★★★★
オリジナリティ(新規要素)
★★★★★★★★★★
デザイン・キャラクター・世界観
★★★★★★★★★★
音楽・サウンド
★★★★★★★★★★
ゲームバランス
★★★★★★★★★★
中毒性・熱中度
★★★★★★★★★★
継続性(飽きにくさ)・全体の構成
★★★★★★★★★☆
操作性・快適さ
★★★★★★★★★★
自由度・多様性
★★★★★★★★★★

ページTOPへ戻る